• 遮熱断熱効果
    about Gaina

    夏期、室内はなぜ暑くなるのか?

    • 夏の暑い時期、強い日射の影響を受けると、建物に熱が伝わり、その熱が室内へ侵入してきます。建物の熱は夜になっても冷めるのに時間がかかり、いつまでも暑い室内になっています。 夏期、室内へ侵入する熱を抑える為には、その原因となる日射の影響を抑えることが重要となります。

    ガイナは日射を効率良く反射する

    • ガイナは塗膜表面を特殊なセラミックで覆うようにして塗膜を形成しており、このセラミックが効率良く日射を反射し、熱の発生を抑え、建物内へ熱が侵入するのを抑えます。

    熱に変わったエネルギーの行方

    日射の影響の多くは、上記の「反射」という方法で対応を取っていきますが、これは、“近赤外線”などの反射であり、日射の一部は反射できずに吸収をして、熱に変わっていきます。

    ガイナはこれらの熱に対しても対応を取ることで、その効果を更に高めていくことができます。

    隙間なく全面を覆う

    • ガイナ塗膜は熱が伝わりにくい「低伝導性」の性質を持たせ、建物表面で発生した熱の内部への侵入を抑えます。 しかもガイナは液体の塗料なので、建物などの形状にとらわれず、全体を隙間なく覆うことができるので、薄い塗膜で効率的に効果を発揮します。

    高レベルの遠赤外線放射で熱を逃がす

    • ガイナに含まれる特殊セラミックは、温度が上昇するとエネルギーを効率的に遠赤外線に変換して放射する性質を持ちます。 建物の表面で発生した熱は徐々に内部へ侵入をしていきますが、ガイナ塗膜は温度を上昇させることで、一度吸収したエネルギーを空気中へ再び放射し、室内へ侵入する熱を抑えます。