「妻のアトピーが僕の原点」

  • 2011/7/31
  • お知らせ


アトピッコハウス設立のキッカケは「妻のアトピー」です。
大工に憧れ建築を学び、学校卒業後はハウスメーカーに就職。
昭和53年当時の私は何の疑問も無く、「色・柄・形」が優先するカッコイイ住宅を作っていました。
「シックハウス」や「住宅と健康」の問題は当時話題にさえ上りませんでした。

しかし妻のアトピー体験を通して「女の子が思春期に悲しい思いをしただろうな」ということに胸が熱くなりました。
またダイビングのライセンスを取りに行った時の伊豆の宿で「私汚い?」と聞かれ「彼女のいじらしさ」に胸がつぶれる思いがしました。
アトピーが治るといいな-。
治してあげたいなと強く思うキッカケだった気がします。

彼女のアトピー治療の過程で、「シックハウスがアトピー悪化の原因」の一つであることも知りました。
アメリカやカナダでは日本より10年以上も前にシックハウスと健康問題が、社会問題となり対策も進んでいました。
私は現地を訪れ、専門家から「原因と対策」を学びました。
また国内第一級の各分野(室内環境、測定、化学物質、ダニ・カビ等生物汚染物質、内科医、皮膚科医、その他)の専門家の話も聞きました。

そして、理解したことは
「専門家は自分の専門分野しか詳しくない」
「アレルギーの問題は衣食住を全て配慮しないとならない」
「トータルな配慮とアドバイスが不可欠」
「情報を整理する人が必要」
だということです。