宝塚市栄町の内装リフォーム事例 

  • 2011/3/25
  • お知らせ

宝塚市栄町の内装リフォーム事例 


抗酸化リバース溶液塗布内装リフォーム完工写真



施工内容

抗酸化リバース溶液塗布内装リフォーム

施工金額

26万円

施工期間

2日

建物

戸建て

担当

浅野

M様の内装リフォームまでのストーリー

M様は喘息で部屋で普通に暮らしていくこともツライ思いをされていました。そうした中、たまたまある出会いでベターホームをご紹介いただき、抗酸化リバース工法での施工を決められました。お部屋まるまる一室のリフォームでしたのが、既存のクロスの上からの塗布になりましたので、予算に合った施工を行うことが出来ました。

内装リフォーム施工前



今回リバース溶液を塗布していく和室です。至って普通の本当に普通のクロスが張ってありました。


となりのリビングと合わせて塗布していきます。いわゆる普通のクロスも、体質によっては体に影響が出てくることがあります。


まずはお部屋を養生していきます。家具を動かして、短い期間の工事ですが、きちんと養生することはかかせません。



照明や棚のまわりも養生します。こうした下準備もきちんとした施工を行うには必要なことになります。


今回使用していく抗酸化リバースのおおもととなります。これを水に溶かして溶液を作ります。


これが元の状態です。最初は普通に白い粉のままです。


水を入れながらだんだんと溶かしてきます。


だんだんとなじんできました。だまにならないようにまんべんなく混ぜていきます。


タプタプっとした感じになってきました。


溶液の完成です。これをクロスの上から塗っていきます。


職人さんがローラーで内装の壁面に溶液を塗っていきます。


もともとの塩化ビニルのクロスが張ってありました。


その上から溶液を塗りました。近くで見ると分かりづらいですが、白く綺麗になりました。


天井面の角もまんべんなく塗布します。


完工後の様子です。白が映えて見栄えも良くなりました。


当然ですが、家具や床面は施工で汚れたところはありませんでした。


メインの和室の壁面です。この場に立っただけで空気が気持ちよく感じます。







溶液も充分にあったので、リビングと和室だけでなく、寝室やトイレ・廊下にも同様に塗布を行い、家中が抗酸化リバースでのリフォームになりました。
施工後に伺った時も、とても清々しい気持ちになれました。


担当したベターホーム浅野より一言

今回は、家中全面のリフォームになりましたが、既存のクロスの上からの塗布だけでしたので予算にあった施工を行うことが出来ました。本来は、壁のクロスを剥がし、下地からリバース溶液を塗布できることがベストです。しかし、クロスの上からでも充分な効果が期待できます。M様も施工後の暮らしが楽になったというお声を伺うことができて、施工をオススメして本当によかったと思いました。
お体に気をつけてください。今後ともよろしくお願いします!